な~んとなくBlog 最近はPSPについての記事を多く書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■CFW3.90 M33-3を導入


■CFW3.90 M33-3の特徴
NO UMDドライバの対応を強化

■前準備
・CFW 3.90 M33を導入したPSP
・CFW 3.90 M33-3 → http://dax.st/ (Dark_AleX氏のホームページ)

作業を行った際の実際の準備物
・新型PSP CFW3.90 M33-2

■導入方法
以下の作業はあくまでも自己責任で行ってください。
不具合が生じた場合、責任はとれません。


CFW3.80 M33を導入したことによりネットワークアップデートでも導入できるようですが
不安なため従来通りの方法で導入してみます。

①CFW3.90 M33-3をダウンロードし解凍。
解凍後のフォルダ構成は以下のとおり。

390m33_3.rar
 ├ leeme.txt
 ├ readme.txt
 └ UPDATE
   └ EBOOT.PBP

②解凍したフォルダの中にある[UPDATE]フォルダをPSP/GAME/にコピー。
コピー後のフォルダ構成は以下のとおり。

MS_ROOT/
 └ PSP
   └ GAME
     └ UPDATE
       └ EBOOT.PBP

③「3.90 M33-2」を起動。


XMB から 「3.90 M33-2」を起動します。

④本体バージョンの確認
再起動後、本体バージョンの確認を行います。
スポンサーサイト
■CFW3.90 M33-2を導入



■CFW3.90 M33-2の特徴
プラグイン等の不具合修正

■前準備
・CFW 3.90 M33を導入したPSP
・CFW 3.90 M33-2 → http://dax.st/ (Dark_AleX氏のホームページ)

作業を行った際の実際の準備物
・新型PSP CFW3.90 M33

■導入方法
以下の作業はあくまでも自己責任で行ってください。
不具合が生じた場合、責任はとれません。


CFW3.80 M33を導入したことによりネットワークアップデートでも導入できるようですが
不安なため従来通りの方法で導入してみます。

①CFW3.90 M33-2をダウンロードし解凍。
解凍後のフォルダ構成は以下のとおり。

390m33_2.rar
 ├ leeme.txt
 ├ readme.txt
 └ UPDATE
   └ EBOOT.PBP

②解凍したフォルダの中にある[UPDATE]フォルダをPSP/GAME/にコピー。
コピー後のフォルダ構成は以下のとおり。

MS_ROOT/
 └ PSP
   └ GAME
     └ UPDATE
       └ EBOOT.PBP

③「3.90 M33-2」を起動。


XMB から 「3.90 M33-2」を起動します。

④本体バージョンの確認
再起動後、本体バージョンの確認を行います。
久しぶりの更新です。

予約をしてからはや2ヶ月が経ちMHP2Gの発売日です。
最近残業で帰るのが遅いんだけど今日は定時で退社。MHP2Gを買いに行きました。

レジのところを見るとものすごい数のMHP2Gが置いてありました。すべて予約済みのものみたい。
そして予約していたハンターズパックGを計2個購入。自分のやつと嫁のやつである。発売する前に子供も生まれ、正直それどころではないのだが・・・
080327_1903~0001


早速帰って1台にCFWを導入。

Pandora Installer for 3.xx kernels rev.3
でパンドラバッテリーとマジックメモリースティックを作成

続いて
Despertar del Cementerio v4
を使ってCFW3.80 M33を導入。

うまく導入も出来ました。
以上!!
■CFW3.90 M33を導入
CFW3.90 M33がDark_AleX氏よってリリースされた模様。
私はFW3.90がリリースされていたこと自体知りませんでした^^;

■CFW3.90 M33の特徴
・PLAYSTATION Network タイトルを遊ぶための機能の強化。

■前準備
・CFW 3.52 M33-3かそれ以降を導入したPSP
・公式3.90のファームウェア
・CFW 3.90 M33 → http://dax.st/ (Dark_AleX氏のホームページ)


作業を行った際の実際の準備物
・新型PSP CFW3.80 M33-5
・公式3.90のファームウェア
・CFW 3.90 M33 → http://dax.st/ (Dark_AleX氏のホームページ)


■導入方法
以下の作業はあくまでも自己責任で行ってください。
不具合が生じた場合、責任はとれません。

①CFW 3.90M33をダウンロードし、解凍します。
解凍後のフォルダ構成は以下のとおり。
390_m33.rar
 ├ UPDATE
 │ └ EBOOT.PBP
 ├ leeme.txt
 └ readme.txt

②解凍したフォルダの中にある[UPDATE]フォルダをPSP/GAME/にコピー。
コピー後のフォルダ構成は以下のとおり。

MS_ROOT/
 └ PSP
   └ GAME
     └ UPDATE
       └ EBOOT.PBP

③公式FW3.90を配置
[EBOOT.PBP]を[390.PBP]にリネームしPSP/GAME/UPDATE/にコピー。
コピー後のフォルダ構成は以下のとおり。

MS_ROOT/
 └ PSP
   └ GAME
     └ UPDATE
       ├ EBOOT.PBP
       └ 390.PBP (リネームしたFW3.90「EBOOT.PBP」)

④Kernelの設定
リカバリーモードのコンフィグレーションよりGame folder homebrew にて3.xx kerneに設定。

⑤「PSP Update Ver 3.90」を起動。
snap390M33_01.png

XMB から 「PSP Update Ver 3.90」を起動します。
画面に以下の内容が表示されます

>Verifying 390.PBP... OK
>Verifying u235.prx... OK
>Press X to start the update, R to exit.

×を押すとアップデートする。
あとは公式アップデートと同じです。。
※この操作でFlash0、Flash1がフォーマットされますので注意してください。

⑥本体バージョンの確認
再起動後、本体バージョンの確認を行います。
snap390M33_02.png
■CFW3.80 M33-5を導入

またまたCFWのアップデートが行われていたようです。

■CFW3.80 M33-4の特徴
・CPU速度を変更した場合、ゲーム中に設定した値で動作しないバグを修正
・PIC0.PNGとPIC1.PNGをXMBのゲームメニューで表示されないように修正

■前準備
・CFW 3.80 M33を導入したPSP
・CFW 3.80 M33-5 → http://dax.st/ (Dark_AleX氏のホームページ)

作業を行った際の実際の準備物
・新型PSP CFW3.80 M33-4

■導入方法
以下の作業はあくまでも自己責任で行ってください。
不具合が生じた場合、責任はとれません。


今回はネットワークアップデートを利用したため導入方法は省略します。
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。